引っ越しました。
Top

リスペクツ
by ashyumyum
公式サイトへGoGo Yo!

Funkの魂はひとりが嫌い
みんな一緒じゃなきゃ
つまらない。

だから
Funk Loveな人も
そうでない人も
「D☆M 誰それ?」
     って人も
感想・コメントくれ。


バナーできました。(頂き物♪)

ダウンロードして、ぜひぜひお使いくださいませませ。


☆しびれるR&B mix!
SOMEWHERE'S SUNNY PLACE

D☆M攻略のお供





がんばれ!アフロ号



ジャンプマン 
似顔絵募集中!
 
MAIL
(スパム対策に先頭に"0"が入ってます。"0"なしが本アドレスです。お手数ですが"0"を消して送信して下さい。)


時代錯誤のニューヒーロー
ここに見参!



Neta Blog
赤い青
ハレルヤ

励みになります。
あ、ポチッとな






以前の記事
検索
カテゴリ:めざせ!Funkマスター( 60 )
マイケルーッ!
年末の整理で開かずの箱を発見(笑) 中身はCDでした。
ジョディ・ワットリーに、ダイアナ・キングに、シビル。何故かマーラー(謎)
買った経緯を全然覚えてない。聴いた覚えもない(笑)
そして、ジャクソン5の名盤シリーズが。
「帰ってほしいの」(Amazonじゃこのタイトルですが、手元にあるものはちゃんとオリジナル発売時の「THE JACKSON 5 DIANA ROSS PRESENTS」となってます。こっちのほうがいいのに)と、「ABC」
やった。今のローテーションに飽きてきたんで、ちょうどいいや。

だが、問題はこれ↓
Album Inspired By THE JACKSONS〜an american dream〜 Mini Series
(残念ながらAmazon・他でも見つからず)
実は何も知らなかったんだけど、このアルバム"The Jacksons: An American Dream."という映画のサントラだそうで。で、少年マイケル役だったらしいJason Weaver君。この中で2曲彼自身が歌ってる。
今の今まで、マイケルが歌ってると思ってたよ〜!
記憶の中よりも、声が幼いとは思ったんだけどねυ
Jason君、なかなかやるな。
バイオグラフによると、このアルバムでなんか若手の賞も貰ってる。やっぱ“なんちゃってヤングマイケル”でウケたのかな?おー、他のも聴いてみたいぞ(笑)
1979年生まれだから現在26歳。コマーシャルとかモデルとかやってるらしい。
(「ライオンキング」のシンバの歌部分、彼だって!ファニーボイスなのか?)
Jason君、“アダルトマイケル”はコピーしない方がいいよね(笑)

a0000578_19185270.gif
[PR]
by ashyumyum | 2005-01-16 19:22 | めざせ!Funkマスター
いろんな人に歴史あり
某所で「カブキロックス」の名前を見かけ、「まだ活動してるんだ!」と驚いたと同時に、沸々と蘇る思い出。

その昔、イカ天という深夜番組がありました。
いわゆるアマチュアバンド勝ち抜き合戦番組。
上記のバンドはこの番組の出身。まあこの人たちは置いといて。(ごめん)
同じこの番組の出身で、私には忘れられないバンドがあります。
そのバンドは「FLYING KIDS」
(なんとうちのiBookはこれが一発変換で出る!偉いぞ!でもなぜ?)

人の出会いとは不思議なもので、
私とD☆Mの出会いも奇妙な経緯がありますが、
このバンドとの出会いも数奇なものがあった。
当時知人が、これに出るってんで初めて見たのが運のツキ(違)
(実は昔私は“ロックバンド”てのが駄目で、“バンド”なんてものはjazz以外アウトオブ眼中(Death!)でしたので、既にその時点でかなり話題になっていたのにも関わらず、まったく見た事がなかった番組だったのだ。)
FLYING KIDSはその時、グランドチャンピオン(ていうかなんて言ってたか忘れた。まあ5週勝ち抜くとそうなるわけです)に王手が掛かっており、既に押しも押されぬ人気バンド、メジャーデビューは確実って感じでした。
そして、私の知人が出演したその週に見事グラチャンになり、今までの出演場面がまとめて流れたその時。
「幸せであるように」を私は耳にした。
ほんのわずかなサビだけで、鷲掴み。
かっ かっこいい。
いや歌ってる人は全然そうじゃないのよ(笑)
音がかっこいい。

バンドでこういうのやってる人もいるんだー。
(もう恥ずかしいです。アマチュアバンド=ハードロックなんて、チョー偏見&無知っぷり。了見がせっまい!今もだがυ)
この曲聴きたい!全部聴きたい!
しかし、まだデビュー前であるため、もちろんCD化されておらず、この曲が聴きたいがために、それまでほとんど行った事がなかったライブハウス巡りをするはめになったのであった。(その後、番組の企画でCD化されて、無事手に入れた。当時原宿に“イカ天ショップ”が出来て、そこだけで売られていた。ちゃんとデビューしてファーストアルバムまでは結構間があったように思う。今となってはレアかも)

音楽のジャンルなんて、どれがFunkでSoulでRockなんだかさっぱり(今も怪しいですがυ)な私は、彼らがFunkな志向だったなんて全然わからずながらも、グッときたんだなぁ。面白いもんです。

しかしそこまで入れ込んでおきながら、すぐに心が離れてしまいましたが(滝汗
それはなぜかと言いますと、ぶっちゃけ私的には「幸せであるように」があまりにも名作すぎた。出だしでいきなり最高峰ですよ。
今思うと、イカ天で演った曲が名曲揃いすぎた。「我思う故に我あり」もめちゃかっこいいナンバーです。確か、結成間もないうちに番組に出ちゃって、持ち歌も少なく、勝ち抜く度に曲をつくりの、自転車操業状態だったそうで。すげぇな。ひょっとしたら、Funkの神に取り憑かれてたのかも(笑)
しかもその後段々ポップス色が強くなったこともありまして。
アレンジが有名どころのテイスト片っ端って感じで(笑) 初期の頃の方がうまく消化されてた気がする。たぶんほんとに好きなものをやってたからじゃないかなぁ。(あ、でもこれはシングル曲の印象で、ごめん後期のアルバムは知らん、いい加減なんでご了承下さい)

解散して、ハマちゃん(ボーカル)がソロになったと漏れ聞いても、一筋の感慨もなかった。
まぁ、大衆の心とはこのように果敢なく、容赦ないものですわ。

ごめんね、ハマちゃん今度ソロアルバムも聴いてみるわ。
あのキヨシローさんが、FLYING KIDS時代よりもいい!って褒めてるんですものね。

浜崎貴司オフィシャルサイト


#ちなみに、ハマちゃんは俳優としても活躍してます。
 あの「CASSHERN(キャシャーン)」にも出てるのさ。
 この間やっと見たんだけど、知らなかったので出てきてびっくりした。
 ああ、それと私の知人は一応2週までいったんですよ。
 まあね、ボーカルの顔で2週もったんだな(笑)

イカ天のシステム的にこれは私の勘違いと判明。
単にワイプ攻撃に遭わず完奏できたってことでυ
(2度見た記憶があるのは、再挑戦したんだったかな)
実力的にはアレだったんで、やっぱりボーカルの顔ってのは同じ事だけど(笑)
[PR]
by ashyumyum | 2004-12-12 15:30 | めざせ!Funkマスター
野望
年末ジャンボ宝くじを買ってみた。

1等当てて、

おでが、ツアーのスポンサーになるんだ。




#2億円あったら、全国主要都市まわれるべ。a0000578_22445957.gif
[PR]
by ashyumyum | 2004-12-07 22:45 | めざせ!Funkマスター
3回まわってワンとお言い
先日こっそりリンクさせてもらっちゃいましたが、改めて紹介。

「宮音☆倶楽部neo」

例の似顔絵のそもそものネタ元の方がブログを開設されたのを発見。
1日1曲のペースのD☆Mの全楽曲評が素晴らしい。楽器ができる人は目の付け所がやっぱ違いますな。ナルホドー!とトリビアしたその後、やっぱD☆Mが沸々と聴きたくなり、ミラーボーリズムをファーストから聴いてます。
横浜のライブでツボったのをきっかけに、OLD HIP HOPだの、BEAMSのコンピだの、あちこちつまんで、一回りして戻ってきたって感じで。

正直、初回に聴いて以来スルーという曲もあるにはあった。
それは原曲が耳タコであったり、
あまりにも原曲リスペクツでアレンジが違うのが許せなかったり(尊大)、
いろいろ理由はあるけど、今回聴いて改めてヤラれちゃったりしてる。
一方初回にヤラれちゃったけど、もうお腹いっぱいでしばらくいいや、とか(苦笑)
実に己のポテンシャルの変化は面白い事よのぉ。
いや、初回も今もヤラれっぱなしで、
一生付いていきますぜ、旦那ぁ な、曲もありまっせ。ちゃんと。

ちなみに現時点で
見直し組の代表は「甘えてる円盤」「おかあさんありがとう」
一生付いてく組は「恋と愛の天国」「JAZZ SOUL FUNK」

どれもライブで未体験
未体験であります!
a0000578_2018459.gif

タイトルに特に
意味はないの

[PR]
by ashyumyum | 2004-11-22 20:23 | めざせ!Funkマスター
テクノのジャンルはようわからんーその2
全部ひっくるめて、テクノと言ってしまう事自体、自分の駄目さ加減がわかろうというもんですが、こんなサイトを見つけたので、お勉強がてら覗いてみました。

すっげえ。

生命の樹が根っこヒッカラゲて逃げ出すぐらいの、細分化っぷり。

全体としては、“Electronic Music”として括られており、
(そういや、iTunesのラジオのチューニングリストにありましたな。なぜ気付かない、おで。)
テクノってのは、その中の一ジャンルであることがわかりました。
まず、
“HOUSE”
“TRANCE”
“TECHNO”
“BREAKBEAT”
“JUNGLE”
“HARDCORE”
“DOWNTEMPO”
と大別されて、さらにその中で・・・
これ以上は根気が無いので、上記のサイトで各自、ご確認下さい。
ひえー。



#Hard HouseとTranceなんて、違いわかんねーよ!
a0000578_2029229.gif
[PR]
by ashyumyum | 2004-11-09 20:28 | めざせ!Funkマスター
ブラボー!「iTunes」
Macの方は当然、最近はWindows版もあるので、
Windowsの方でもiTunesをインストしてらしゃる方は結構いらっしゃるでしょう。
ぜひ、“ラジオ”を聞いて見て下さい。
最近の私の定番はこれです。
北米内のストリーミングラジオですが、
これがチューニングリストがジャンルごとに分けられてて、
結構な数の番組中から選べる。
私のお気に入りは「electronica」の“House Music101”、「Urban」の“(((We Funk)))”。
特に“(((We Funk)))”はMasterも感涙のラインナップ!
たまらんですぞ。いっぺん聞いてみそ。
a0000578_20544484.gif
[PR]
by ashyumyum | 2004-10-27 20:55 | めざせ!Funkマスター
紆余曲折の末
やっと手に入りました、例の「Sucker DJ」。
(umiさん、多謝多謝であります。※10/8記事内コメント参照)
このアルバムに入っていたんですが、“HIPHOP CLASSICS"とはυ
HIPHOPまでクラシックかよ(笑)
ある意味、自分の趣味に一本筋の通ったものを感じました(ぉぃ

今回悩まされたのが、この手のタイトルの定義。
はたして、「Sucker DJ」とは曲名なのかアーティスト名なのか?
このアルバムは曲名検索でひっかかってきたそうで、
私はてっきり「Sucker DJ」という人が存在するのかと思ったんですが、
そういう事ではないのだろうか?
因に“ Sucker”で辞書を引いてみると、
“おめでたい人”とか、“夢中な”みたいな意味があって、
やっぱりある種の代名詞みたいな扱いかなぁ。
どなたか詳しい方、ご教授願いたいです。


#このお目当ての曲以外に、おまけのボーナスCDが私には中々ツボです。
 しかし、歌詞がやたら“アス”(“us”じゃないほうね)とか“ビッチ”とか連発。
 まぁ“ファッキン”は致しかたないとして、
 やっぱかなりお品がよろしくないようで(笑)
(最近のはそうでもないんじゃないかと思いますが)a0000578_21312194.gif
英語判んなくて
良かったかも

[PR]
by ashyumyum | 2004-10-24 21:32 | めざせ!Funkマスター
ユリイカ!
いいいぃぃえすっ!あぁい がぁれぃっ!
ついに探し出しました。DJサブローの宣ったニューオープンのクラブ!
「club-xross」

しかし、私は前科のある身。
絶対これだとは言えません。(だは
でもさ、うっすら聞き覚えある名前だし、
あの宇治田みのる氏も絡んでるし。
(そういえば、↑この人Kialaで見かけた)

で、オープニングゲストはGOSPELLERSなんスね・・・
Masterほんとに遊びに行くだけなんだな。



師匠やりました!今回は自力で見つけました。
褒めてください(笑)




++++++++++++++++++++++++

ほんとにほんとなんスけど、見つけたのは一昨日のことなんです・・・
BBSに先に出ちゃって、鮮度が落ちた。(それほどのものか?υ)
ヂクヂョー、なんか恨みでもあんのかい。

a0000578_20452749.gif
[PR]
by ashyumyum | 2004-10-22 20:45 | めざせ!Funkマスター
ゴリエが可愛く見えてくるから不思議
“Mickey”Gorie with Jasmine & Joann

ある人へのプレゼントに選んだ1枚。


実は川田君のほうが踊りが上手いと自分は思います。



#限定セット版は既に売り切れていますが、
 ユーズドがプレミア価格になっているのには驚いた。a0000578_20595771.gif
[PR]
by ashyumyum | 2004-10-21 21:00 | めざせ!Funkマスター
テクノ系のジャンルはようわからん
Rez
3年程前のゲームで、ジャンルはシューティングなんですが、
音楽が秀逸で当時話題になりました。(“文化庁メディアなんとか”賞とってます。)
トランスとかテクノ系の有名アーティストとのコラボってやつです。
それ系の音楽はあまり好きな物がないんですが、
これに限ってはゲーム自体と激しく絡むので、一時期結構はまってました。
とはいっても、私はいわゆる「へたれ」でまったくクリアできず、ゲームオーバー無しの練習モードみたいなのを、ずーっと猿のようにやってたんです。
ところが、この惨状(笑)を小耳に挟んだ職場のゲーマーくんが、
「隠しエリアをプレイしなければ、このゲームの半分も楽しんでいない!」と説教。
だったら見せてよと、彼のオールクリアデータを強奪、早速プレイ。
この「すべてのエリアをクリアした後に出現する」いわゆる隠しエリアのBGM、
2年越しで初めて聴けたこの曲がすごくイイッ!
テクノってこういのもあるんだー。なんてジャンルなんでしょう?

が、しかし、折角のお気に入りだと言うのに、へたれの私はBGMを聴く余裕どころか、いくらも聴かないうちにゲームオーバー(T (もちろん「隠し」なので練習モードなんてありません。)
というわけで、今さらながら、サントラを手に入れました。
「隠し」エリアの曲はNo.5の“Fear (Rez mix)”です。
残念ながらこのバージョンの試聴はできないので、オリジナルをどうぞ。
こちらのNo.2“MIND KILLER”です。

やっぱり、このゲームをプレイした人にはダントツで人気です。この曲。
肝心のゲームについてはこちらが詳しいかと。(注:ネタばれあり)
ついでに、アーティストの個人サイト、面白いです。(ここでも試聴出来ます)

a0000578_17262166.gif
2年間「気楽にRez」オンリー。
ゲーム制作者が知ったら泣くな。

[PR]
by ashyumyum | 2004-10-16 17:38 | めざせ!Funkマスター